読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローカルメディアマンの日常。

一部の人からラジオくんと呼ばれています。

桜島マスターズマグマ駅伝に出てきました。

マラソン走る意味がわからない、1万円もらっても走りたくない。

よく言われるしそう思っていた時期がありました。

先月1万円参加費を払って鹿児島マラソン走ってたばかりですが。

 

さて、マラソンと似て非なる競技、駅伝。

 

自分でやることになるとは思いもしませんでしたがね、昨年初めて誘ってもらってチームに加えてもらったのが「桜島マスターズマグマ駅伝」。今年も行ってきました。

 

この大会、「総合タイムの部」と別に、「申告タイムの部」というのがあります。

5区間22.5kmの合計タイムを申し込みの際に申告しておいて、実タイムとのタイム差が小さいところが優勝、という部門。だから遅いチームでも全チームに優勝の可能性がある。

 

申告タイムの部があるので時計を着けて走ったり、メンバーにタイム教えたりするのは反則。よく知らないけど、時計ダメっていうのは割と珍しいんでないかな。

 

桜島ビジターセンター前をスタートして、烏島展望所の前を通り抜け、国道224号に折り返して帰ってくる1周4.5kmの周回コース。

 

 

桜もツツジも咲いてる時期だし、何しろ目の前は錦江湾と桜島だし、条件が揃えば絶景で最高に気持ちのいいコースだと思うのですよ。

 

初参加の昨年は、アップしてる最中に桜島が噴火。目も開けられないほどの降灰の中、真っ黒になりながら走ったのだけど、今年は雨。このところ桜島元気なので、積もった灰と雨でドロドロになりながらのレース。

来年はいい天候にあたることを期待したい。

今回は自分でチーム編成して参加したので監督兼選手。

申告タイムの部で実タイムが30分以上ズレるような監督は来年は替えたほうがいいよ、と開会式で大会役員の方に言われていたのだけど、実際は申告タイムから5分オーバーでした。もうちょい差を縮めたかった。優勝チームはタイム差12秒とかだもんね。

 

雨の中でケータイ持ち歩くこともままならず、写真がほとんど撮れなかったの。

これは帰りの桜島フェリーターミナルで撮影した桜島大根。


f:id:rectus:20160412144057j:image

また来ます、桜島。

 

長渕 剛 ALL NIGHT LIVE IN 桜島 04.8.21

長渕 剛 ALL NIGHT LIVE IN 桜島 04.8.21

 

 長渕さんがオールナイトライブをやった会場にはモニュメント「叫びの肖像」も。この赤水展望広場のすぐ近くを走るのですよ。